冬の病気は夏に治す

冬の病は夏に治す

東洋医学の考え方の中に

冬病夏治(とうびょうかじ)という言葉があります。

冬にかかりやすい病気は、夏に治しておきましょうという意味です。

・冷え

・痛み(関節・首、肩のこり・リウマチ)

・風邪を引きやすい(喘息や気管支炎)など

これらは冬場に特に増えてくるお悩みの数々。

冷え 漢方

この夏の過ごし方が、冬場の不調を改善する大きなポイントです!

 寒くなると、調子が悪くなるという方、

・シャワーだけでなく、ゆっくり湯船に浸かる

・冷たい飲み物、食べ物を避ける(ビールやアイスは特に注意)

・エアコンの風に直接当たらない

・お腹が空いてから食事をとる

・朝日を浴びて適度に汗をかく

温泉 免疫

これらをコツコツ実践していると

あ〜ら不思議!

体調が良くなっていることに気がつくはずです。

体力 免疫力

夏場の基礎体力作り&免疫力の向上

当店がお役に立てる方法はこちらです

 

 

 

金沢市漢方店いのちのくすりヴィータお問い合わせ

 

オンラインカウンセリング

 

いのちのくすりヴィータメルマガ募集

いのちのくすりヴィータLINEお友達登録

About the Author

北村 佳子
石川県金沢市の漢方薬局、いのちのくすりヴィータです。 つらいめまいの症状の改善、そのほか、アトピー性皮膚炎、ダイエット、がんなどのご相談を承っております。

Be the first to comment on "冬の病気は夏に治す"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)